民事信託とは? ~民事信託・家族信託の基本情報~

民事信託を行うための3つの方法

(1) 信託契約

委託者受託者が契約締結をします。あくまでも契約ですので、委託者と受託者がお元気で契約できる判断能力がないと有効ではありません。
信託の契約内容を書面にすることが一般的ですが、後のトラブルを防ぐためにも契約書は公正証書で作成することをオススメしています。
信託を行う上で一番多い方法がこの「信託契約」です。

【例】お父さん(委託者)と息子さん(受託者)との間で信託契約を行います。

家族間だけでも行うことができますが、問題が生じそうな場合は専門家に相談し、立ち会ってもらうとよいでしょう。



(2) 遺言による方法

(1)の信託契約とは違い、委託者本人が遺言で信託の仕組みを設定する方法です。契約の中身に関しては、信託契約による場合と同じですが、あくまでも遺言であるため信託が開始するのが委託者本人の死亡時になります。
ただし、実務上はあまり遺言による信託が使われることが多くなく、同じように本人の死亡時に効力を発生させたい場合は(1) 信託契約を締結し、その契約の発効を「委託者の死亡時」とする方法が利用されることが多いです。

【例】お父さんが「私が死んだあとは息子を受託者として私の所有する不動産を信託する」と遺言で定めておく方法す。お父さんが亡くなった時に信託の効力が発生します。

遺言は、遺言者(ご本人)の大切な財産について、想いのとおりに受遺者(財産を受け継ぐ人)に受け継いでもらうための制度です。

(3) 自己信託

委託者が自分自分を受託者として、自分の一部の財産を第三者(受益者)のために管理・処分する事を宣言することによって設定することをいいます。
委託者と受託者が同一人物ですので、信託された事を明確するために公正証書でされる事が必要条件となります。

【例】お父さん(委託者)が自分自身を受託者として信託します。

公正証書とは、公正証書・公証人に認証を受けた書面・確定日付のある証書を指します。

関連会社情報 プラス事務所

オフィス一覧

  • 福岡オフィス
    〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目14番8号 福岡天神センタービル3F
    TEL : 092-752-8266 / FAX : 092-752-8267MAP クリックで地図が開きます
  • 博多オフィス
    〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街8番27号第16岡部ビル10F
    TEL : 092-461-7750 / FAX : 092-461-7751MAP クリックで地図が開きます
  • 東京オフィス
    〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目1番1号八重洲ダイビル5F
    TEL : 03-3516-1447 / FAX : 03-3516-1448MAP クリックで地図が開きます
  • 佐世保オフィス
    〒857-0041 長崎県佐世保市木場田町1番1号松永ビル1F
    TEL : 0956-23-5400 / FAX : 0956-23-5440MAP クリックで地図が開きます
  • 熊本オフィス
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4番1号太陽生命熊本第2ビル6F
    TEL : 096-342-4301 / FAX : 096-342-4302MAP クリックで地図が開きます
  • ご相談はお気軽にお問合せ下さい。 ☎092-461-7750
    総合お問合せ

運営事務所概要